3.7腎機能保護作用

腎機能不全の方に対するタンパク質栄養素の補給は最も頭の痛い課題です。
それは、過剰な補給が腎臓に負担をかけるからです。


したがって、量質ともにコントロールの効くオリゴペプチドに期待が寄せられています。

量はいうまでもなく、質においてもオリゴペプチドは吸収がよく、利用するスピードも早いことは多くの研究で証明済みです。
しかも、正確なアミノ酸バランス(アミノ酸スコア)を測定することができ、数種類のオリゴペプチドを組み合わせれば、必要なアミノ酸バランスを得ることができます。


それだけではなく、当研究所実験に、アデニンなどによるラットの腎臓障害の修復にマリンオリゴペプチドが効果を示したとの結果がでています(論文No.15・16参照)。


また、オリゴペプチドには、腎機能不全によく併発する高血圧や糖尿病にも改善効果が見られていますので、腎機能不全の患者さんへのタンパク質栄養素の補給にはオリゴペプチドが最優力候補と言えます。




COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.