3.4血糖及び血中脂肪調整作用

血糖を調整する効果はペプチドの主な効果の一つです。


たくさんの学術論文の中で、当研究所の製品を使った研究論文もあり、ペプチドはお薬と違って、血糖及び血中脂肪の調整で多岐にわたる効果が証明されています。


例えば、血糖値および空腹時血糖値を下げる、夜間の低血糖を改善、インスリンの働きを高める、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げるなどが挙げられます。

これらの効果の機序については未解明な部分があり、今後の研究が期待されます。



COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.