糖尿病の治療

糖尿病治療法

糖尿病の治療方法

糖尿病の治療法は主に食事療法と運動療法、薬物療法があります。中でも食事療法が血糖の上昇に直接関係するため、特に重要です。

食事療法の目的

食事療法の目的は血糖コントロールだけではありません。
糖尿病患者は高血糖継続状態により、多飲・多尿・体重減少などさまざまな消耗性疾患症候が現れるため、食事療法でバランスの良いエネルギーを補充することも大事です。

しかし、糖尿病患者の血糖コントロールのために、食事制限すると、その他の栄養成分の摂取に影響を与え、身体全体の代謝障害が進行するという問題が生じます。
通常の食事では炭水化物以外に脂肪の摂取が望ましくないため、タンパク質、人体必須アミノ酸の補充が困難になります。
そのために、エネルギー源、窒素補充源、そして必須アミノ酸補充源としてタンパク質の補充が重要になります。 

食事療法の問題点

糖尿病の治療法に最も大切なのは持続的な食事療法です。
だが、糖尿病患者には血糖コントロールを中心とする食事制限のため、栄養バランスが崩れやすく、身体全体の代謝障害が進行する恐れがあります。

糖質及び脂肪制限のため、タンパク質栄養も不足がちになります。
更に、タンパク質代謝異常により、タンパク質消耗性代謝が進み、糖尿病末期患者の極度の痩せに繋がります。
特に脂質制限などのため、人体必須アミノ酸の補充が不足がちです。

食事療法による血糖コントロ

タンパク質補充に適したオリゴペプチド

糖尿病患者に対してバランスの良いエネルギー補充することは大事です。
糖尿病の食事療法には、エネルギー源、窒素補充、必須アミノ酸補充としてタンパク質補充が重要です。
そこで、良質なタンパク質の補充が可能なオリゴペプチドが最も適しています。

 

COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.