糖尿病とは

糖尿病は糖質代謝の病気だと思われがちです。
しかし、近年は糖尿病患者のタンパク質代謝が崩れることが注目を集めています。
そして、糖尿病患者のタンパク質代謝が消耗型(マイナス代謝)に傾いていることが大きな特徴です。

糖尿病とは

糖尿病の定義

糖尿病はインスリン分泌不全などにより高血糖をきたす代謝障害症候群です。

インスリンのほかにはグルカゴン等のホルモン分泌異常によって、炭水化物や脂質、タンパク質、電解質等の全身代謝障害をもたらすことが知られています。

糖尿病の特徴

高血糖状態が継続することにより、多飲・多尿・体重減少などの特徴がみられます。

糖尿病の現状

日本での糖尿病患者及び予備軍を含めて1620万人にも達しており、40歳以上10人に一人という割合で、とても身近な病気でもあります。

糖尿病の治療

糖尿病の治療法は主に食事療法、運動療法と薬物療法があります。

中でも食事療法が血糖の上昇に直接関係するため、特に重要です。

 

COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.