糖尿病とオリゴペプチド

● 糖尿病とは

炭水化物や脂質蛋白、電解質等の代謝異常です。
糖尿病には、タンパク質栄養補充の必要です。
オリゴペプチドは糖尿病患者の最適なタンパク質栄養源です。

● オリゴペプチドの生理作用

オリゴペプチドには。血糖改善作用やインシュリンに対する作用、脂質代謝の改善作用などがあります。

 

● その他合併症の改善作用

糖尿病の合併症で高血圧、免疫力、抗酸化、肝機能、腎機能、骨密度に対する改善作用が在ります。

糖尿病にタンパク質補充が必要です。

その補充に適しているのが分子量が小さくて、必須アミノ酸がバランスよく含まれアミノ酸スコアが100点の混合オリゴペプチドです。

タンパク質補充にはオリゴペプチドが最良候補です。

混合オリゴペプチドは糖尿病の改善に適した血糖改善作用以外にも、肝機能保護、腎機能保護、脂肪代謝改善、高血圧改善、酸化ストレス抑制、免疫促進、骨強度増強などのさまざまな生理作用を持っています。

 

また、分子量が小さいので吸収速度が速く、吸収効率がよい。
必須アミノ酸を含むアミノ酸スコアが100点なのでタンパク質補充に適している。
血糖改善以外にもさまざまな生理作用をもっている、などのすぐれた特徴を持っています。
従って糖尿病患者のタンパク質補充には混合オリゴペプチドが最良候補であると考えられます。

 

混合オリゴペプチドは糖尿病の栄養状態の改善及び糖尿病合併症の予防に寄与することが大いに期待されます。

 

 

糖尿病とオリゴペプチドの関係

 

 

 

COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.