低分子ペプチド吸収の特徴

P4低分子ペプチド吸収の特徴

食物を摂取して得るタンパク質は、胃や腸などの消化器官で、ペプチドやアミノ酸などに消化分解されてから吸収されます。 このとき小腸などから吸収されるのは、平均分子量500Da以下の低分子ペプチドと遊離アミノ酸などですが、タンパク質は主に低分子ペプチドで吸収されるというのが実態です。

 

この低分子ペプチドは、吸収スピードが早く、吸収利用効率が完全であり、吸収するエネルギーを消費しません。また、各種類のペプチドやアミノ酸との間での競合抑制をしません。

 

たとえば、人体が疾病などの原因で、必須アミノ酸を含む一部のアミノ酸を吸収することが困難になった場合は、不足しているアミノ酸を含む低分子ペプチドを通じて提供することが望ましいといえます。 このように低分子ペプチドの特徴ある吸収メカニズムは、栄養学的にも大きな価値を含んでいます。

低分子オリゴペプチドの特徴

1)消化を必要とせず、直接吸収される 低分子オリゴペプチドの表面に保護膜があり、胃、膵臓、腸の消化酵素及び酸やアルカリで分解されず、小腸から完全な形で体内に吸収され、利用されることで生理的活性を発揮したりします。

 

2)吸収のスピードが早い 低分子オリゴペプチドを水に溶かして摂取した場合は、摂取から吸収されはじめるまでが5分程度で、長くても10分間とかかりません。 最新の研究によると、摂取後の数分から十数分で血液に入ることが分かりました。

 

3)吸収効率は100% 低分子オリゴペプチドは100%吸収されます。 これによって、吸収後の残留物や排泄物がないので100%人体に活用されます。

 

4)主な吸収メカニズム 低分子オリゴペプチドの吸収メカニズムは、水素イオンH+依存性レセプターを介して管腔内から細胞内に吸収される能動的吸収と、細胞膜の濃度勾配にしたがって受動的に移動する受動的拡散吸収が同時に存在します。

 

5)吸収時にエネルギーを消費しない 低分子オリゴペプチドの吸収には、ほとんどエネルギーを消費せず、胃腸に負担をかけません。 また、アミノ酸の吸収と競合しないため、互いに邪魔せず同時に吸収ができます。

 

6)トランスポーターの役割 低分子オリゴペプチドは栄養分などを運ぶ役割も担っています。 特にミネラルなどと結合しやすい特徴があるので、これら栄養分の吸収を助け、体内の各器官や組織に運ぶことができる。




COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.