オリゴペプチドは直接吸収される/ペプチドとは

P1ペプチドとは

アミノ酸が10個以下のペプチドは、“オリゴペプチド”と言い、その中でアミノ酸2個が結合したペプチドをヂペプチド、アミノ酸3個が結合したペプチドをトリペプチドと言います。

 

アミノ酸が11個以上結合したペプチドは、“ポリペプチド”と言われ、アミノ酸が70個以上結合したポリペプチドは“タンパク質”と言います。

 

タンパク質とアミノ酸・ペプチドの関係

タンパク質は人体を作るうえで非常に大切な物質で、最小単位はアミノ酸です。
摂取した食物のタンパク質は胃液・膵液・腸液などのタンパク質分解酵素により低分子のペプチドとアミノ酸に消化分解され、腸壁から吸収されます。
そして、吸収されたペプチドとアミノ酸の多くは、体内のタンパク質の素材になります。

 

つまり、タンパク質消化分解⇒ペプチド・アミノ酸⇒タンパク質合成という関係なので、ペプチドは、タンパク質を分解する途中のものであり、タンパク質を合成するものでもあるのです。

 

ペプチドの生理的活性

ペプチドはさまざまな生理的活性を持っています。
生体内で合成されるペプチドは、タンパク質を合成するほか、ホルモンや酵素、抗体、神経伝達物質などの生理活性物質になります。
これらが血圧や血糖値を下げたり、抗酸化力、免疫力を上げたり、睡眠、記憶、炎症、体力などに対して、生理活性を与えています。

 


COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.