高齢者の基礎栄養補給への応用研究 スーパーオリゴペプチド

 

高齢者の健康を栄養補給から考える

平成22年(2010年)に高齢者1人を支える現役世代(20~64歳)の人口が2.6人であったものが、平成72年(2060年)には高齢者1人を支える現役世代(20~64歳)が1.2人にさらに減少すると言われています。(1) つまり、数の上では、カップル二人で、二人の高齢者を支えるという、驚くような時代が迫っています。且つ、一人暮らしの高齢者数も年々増加の傾向を辿り、女性の場合は5人に一人の割合で一人暮らしをしています。この統計データを見ただけでも、今後、如何に元気に暮らすことが大切なテーマであるか、ご納得頂けるのではないでしょうか。

近年、医学の発達に伴い、日本女性の平均寿命は、2013年で86.41歳という世界一の長寿を記録しました。同時に、先のデータからは予防医学の重要性が指摘されています。「死ぬまで元気でいたい」多くの方が、そう願う気持ちとうらはらに、加齢にともないインスリン抵抗性の上昇や運動機能の低下が見られ、メタボリックシンドロームや骨格筋の減少からサルコペニアの疾病リスクを高めたりという傾向が増加します。特に、食欲が減退しがちな高齢者では、潜在的なPEM(Protein Energy Malnutrition)低タンパク質状態やPEW(Protein Energy Wasting)タンパク質の代謝異常が非常に懸念されています。


たんぱく質・エネルギー低栄養状態(PEMの実態 ※以下「PEM」と表記)では、高齢者施設入居者の調査( 9施設)によりますと、低たんぱく質状態の指標である血清アルブミン値3.5g/dl以下の人は、女性で39.4%、男性で42.8%(85歳以上の男性では56%)もの高い割合で確認されています。何と、その統計からは10人のうち約4人が栄養失調状態ということになります。高齢施設の入居者のなかで日常生活動作のすべてに介助を必要とする人(いわゆる寝たきりの人)では、血清アルブミン値3.5g/dl 以下は実に60%以上と確認されています。この結果からは、施設や在宅でケアを受ける高齢者の30~40%にPEMのリスク者が存在すると推定されます。


皮膚の主成分はタンパク質で、スムーズな新陳代謝にもタンパク質の補給は必要不可欠です。特に、寝たきり状態等により、筋肉の運動が低下する場合には、運動した場合とは逆に、骨格筋タンパク質の合成は低下し、骨格筋の萎縮を招くことが知られています。(2) 元気で暮らすためには、タンパク質のスムーズな摂取が必要不可欠で在る部分がご理解頂けますでしょうか。本研究所では、高齢者の日々の健康を栄養補給の部分から支えたいという願いとともに、高齢者の栄養補給について豊富な研究を実施しています。

参考資料
(1)内閣府、高齢者白書より
(2)http://www.ajinomoto.com/jp/features/amino/aminosan/kenkyu/pdf/amino No.215.pdf 小林久峰著 シリーズ”アミノ酸”No.24 「筋肉とアミノ酸」P3 2013年9月26日閲覧

高齢者の適切なタンパク質補給の在り方について

近年の研究により、筋肉増強に、必須アミノ酸摂取が良い効果を与えることがわかっています。骨格筋のタンパク質合成は、血液中のアミノ酸濃度に直接影響されて変化しますので、血液中のアミノ酸濃度が低下した場合には、速やかに骨格筋タンパク質合成速度が低下し、逆に血液中のアミノ酸濃度が上昇すると、速やかに骨格筋タンパク質合成速度が増加します。安静状態の人にアミノ酸を投与した場合にも、血液中のアミノ酸濃度は増加し、骨格筋タンパク質の合成は増加することが示されています(1)。ただ、ここで気にかかることがあります。年齢や体力の状態により、骨格筋の増強にも注意しなければならないことが着目されます。

アミノ酸投与に対する高齢者の骨格筋タンパク質代謝の反応は、若齢者と同じで、アミノ酸の経口摂取により、高齢者の骨格筋タンパク質合成は若齢者と同程度に増加します。が、若齢者と大きく異なる点は、アミノ酸とともに糖を摂取させた場合に、アミノ酸単独の摂取では見られた骨格筋タンパク質合成の促進が、全く見られなくなってしまうことです。若齢者では、アミノ酸と共に炭水化物を摂取するほうが筋タンパク質蓄積効果は大きくなります。このことは、通常の食事を摂取した後の骨格筋タンパク質合成の促進が、高齢者の場合には障害されている可能性を示します。 高齢者のように、寝たきり状態になると、骨格筋の萎縮を引き起こすことが知られています。(1)

筋肉には、見た目の色から、赤筋(赤色筋)と白筋(白色筋) の2種があります。筋肉中に含まれるミトコンドリアの量によって左右され、ミトコンドリアが多く活発なものが赤く、少なく不活発なものが白く見えます。白筋は脊椎動物の骨格筋に多く、収縮の筋原繊維が発達して素早く縮むことができるため、速筋とも呼ばれています。が、筋収縮は、ミオシンの構造変化による引っ張りによって起こるとも知られています。(2)この機構は、さらに、細胞質中のカルシウムイオン濃度の変化により制御されるとも知られ、以上からは、高齢者の骨格筋形成に萎縮を引き起こす、例えば赤筋と白筋のアンバランスな形成過程が着目されるとともに、高齢者の筋肉増強には、このバランス調整が必要で在ることが指摘されます。

この観点から、ペプチドによるタンパク質増強は興味深く、多く研究されている部分かもしれません。アミノ酸がいくつか結合したものをペプチドと呼び、そのうち、アミノ酸が2個結合したものはジペプチド、3個結合したものはトリペプチドと呼ばれ、特定のジペプチド、トリペプチドは、アミノ酸に比べ、腸管吸収が優れていることが知られています。これは、小腸上皮細胞に、ジペプチド・トリペプチドをペプチド態のまま細胞内へ輸送し、吸収するペプチドトランスポーターが存在するためだと考えられます。アミノ酸が効果を持つように、ペプチドにも多彩な生理活性機能を持つことがわかってきています。

高齢者のタンパク質不足をどのように補うかという問題に対し、多彩なペプチドの作用機序を目安に、高齢者に相応しいタンパク質補給が研究されています。

参考資料
(1) http://www.ajinomoto.com/jp/features/amino/aminosan/kenkyu/pdf/amino No.215.pdf 小林久峰著 シリーズ”アミノ酸”No.24 「筋肉とアミノ酸」P3 2013年9月26日閲覧
(2) http://ja.wikipedia.org/wiki/ミオシン 2013年9月27日閲覧

スーパーオリゴペプチド開発の背景

健康に生きるためには、先ず、毎日の食生活が基本となります。が、加齢とともに様々な症状が発生して、残念ながら、思うように満足な食事を続けられない場合も多いと言えます。老化抑制、免疫力増強、様々なストレスに対応できる抗酸化作用、皮膚の保護、体力増強等、日々の健康維持への様々な要請に対し、応えられる商品を開発したいという信念に基づき開発されたのが、『高齢者栄養補助食品、スーパーオリゴペプチド』です。そのため、通常のタンパク質としての消化過程を必要とせず、吸収速度はアミノ酸の2.5倍、摂取後数分で血液に到達するというかつてなかった商品内容が特徴となっています。また、人体に必要なアミノ酸スコアに極めて一致し、ほぼ100%吸収されます。

1包6g中の成分は、マリンオリゴペプチド(鮭皮由来)4.5g、小麦オリゴペプチド(小麦グルテン由来)0.5g、イソマルツロース1.0gという、非常にシンプル且つ厳選された素材を使用しています。最先端の加水分解技術により各ペプチド成分も明確に同定され、安心、安全な食品として生産されています。

マリンオリゴペプチドの品質指標/小麦オリゴペプチドの品質指標

上記マリンオリゴペプチドの成分中のハイドロキシプロリンというのは、ヒドロキシプロリン(Hydroxyproline)として知られる天然に存在するアミノ酸の一種のことです。ヒドロキシプロリンはコラーゲンの主要な成分であり、プロリンとともにコラーゲンの主要な成分として、プロリンとともにコラーゲンの安定性を図ることに役立っている物質です。(1)また、小麦オリゴペプチドに豊富に含まれるグルタミンは筋肉組織中に多量に含まれるアミノ酸で、特に骨格筋や内臓器官に重要な役割を持つアミノ酸として知られています。この二つの成分の配合値だけでも、日々のスムーズな新陳代謝に欠かせない要素が含まれていることがお分かり頂けるかと思います。

飲み方について、非常に細かい微粒子から成っていますので、必ず水分に溶かしてお召し上がり下さいますようお伝えしています。それと、自由に召し上がって頂けますが、ちなみに私の大好きな飲み方をご紹介させて頂きます。市販のレモネードやオレンジジュースに6g1包を入れて、10時や3時のおやつに飲んでいます。私自身は温かいほうが好きでビタミンCやEも一緒に摂れますので、毎日の美容と健康にと、楽しみに続けています。宜しければ、お試し下さい。

参考資料
(1) ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒドロキシプロリン 2013年10月9日閲覧

COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.