研究パートナー

日本食品ペプチド研究所は、オリゴペプチドの可能性を広げるために世界範囲で最先端の知識と技術を持つ大学や研究機関と基礎研究、臨床研究や製品化などの分野で連携・協力をしています。

 

日本においては主に下記のテーマが中心です。

 

  1. 1.ペプチド分子構造の基礎研究
  2. 2.ペプチドの血圧及び動脈硬化に対する作用
  3. 3.ペプチドのアンチエージング(抗加齢)における働き
  4. 4.ペプチドのアルコール分解促進の効果、及び肝臓保護作用
  5. 5.ペプチドのアスリートにおける応用、抗疲労及び筋肉増強作用
  6. 6.ペプチドの高齢者におけるタンパク質栄養補給の優越性
  7. 7.ペプチドの周術期における栄養補給、損傷治癒の効果
  8. 8.ペプチドの糖尿病における総合的作用

 

主な研究パートナー

SARAYA WATAMI 理化学研究所
赤穂化成株式会社 東京大学 大阪大学
一般社団法人エビデンスに基づく統合医療研究会 京都大学 千葉大学

 

COPYRIGHT(C) 2013. Japanese food Peptide Institute, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.