酒好きの「研究員」が教える最高の飲み方

みなさま、こんにちは。

4月となりました。平成最後のコラムです。

新元号が発表され、時代が移り変わる活気がありますね。

その反面、「ひとつの時代が終わる寂しさがある」という声も聞かれています。

「令和」に何を感じられましたか?

令和を表す手話はご存知ですか?指を上に向けて合わせ蕾のような形にし、手前から動かしながら指を開くもので、典拠となっている梅の花が開く様子をイメージしたそうです。

平成の平らかな感じとは異なり、その立体的な動きにやさしさと少しの希望を感じました。

 

先日、知人から『酒好きの医師が教える最高の飲み方』の本をお勧めいただきました。

私、アルコールで失敗したことは2度しかありませんが・・・。

 

昔から、民間療法でお酒をおいしく飲むコツとして

  • 飲む前に牛乳を飲む
  • 空腹時の飲酒は控える
  • 休肝日を作る
  • 水分と一緒に摂る

とされてきましたが、お酒の美味しい飲み方も科学で解明されてきました。

 

その中から、気になった4つのポイントを簡単にご紹介させていただきます。

  • 悪酔いや二日酔いを避けるためには、油を使った食品を先に食べるとよい。でも、唐揚げやフライものを最初からというのは、ちょっと・・・。そんな方には、オリーブオイルを使ったカルパッチョやマヨネーズを使ったサラダがお勧め。また、チーズも有効。
  • 日本酒には栄養価に富む微量成分が多く含まれ、これらには抗酸化作用や血液凝固抑制作用、抗がん作用を示す活性物質が存在し、生活習慣病の予防につながる。そして、命の源となるアミノ酸が2つ以上結合したペプチドは純米酒に一番多く含まれている。
  • 芋焼酎と泡盛は血栓を減らし、血液がドロドロになることを改善し、善玉コレステロールを増やす効果が期待できる。また、赤ワインは心疾患とアルツハイマーの予防に効果がある。
  • やっぱり、お酒は程よく適量を。

 

この本は、お酒の飲み方を専門家とともに科学的に分析し、酔いにくい、残りにくい飲み方を解説した1冊です。お酒を控えたり、悪酔いしないための工夫として勉強になりました。ご一読あれ。

 

本を読むと科学的知識は増えます。

それでも、人は自分に甘く、つい量をいただいてしまうもの。

そこで、今回研究員としてお勧めするのは、美味しくお酒を続けるために科学的行動に変更することです。

 

それは「知識」ではなく、飲むだけ「レバープロテクト」。

お勧めポイントは4つです。

  • アルコール代謝促進剤としてダブル特許を取得している(特許第6190999号・特許第6308510号)。
  • 主成分であるコーンオリゴペプチドの含有量は95%以上。余計な物は入っていない。
  • 日本を代表する大学、研究機関での研究データで効果が科学的に裏づけられている(科学的根拠は、HPをご覧くださいませ)。
  • 超低分子オリゴペプチド(平均分子量500Da以下)なので成分が100%吸収され、効きが早く、効果が高い。
  •  

 

科学の力で、飲酒生活をより楽しく安全にできそうですね。

読むだけでは効果は期待できませんが、飲むだけでしっかり効果が期待できますよ。

それでは、みなさま。

令和こそ、簡単で身体によい「最高の飲み」をお楽しみください。